【LINE限定配信】バスケに筋トレは本当に必要?

「練習で筋肉はつく!筋トレなんて必要ない!」

「ウエイトトレーニングで作った筋肉とスポーツで鍛えられた筋肉は違う」

 

などなど、たびたび筋肉論争が起こることがあります。

 

果たして、バスケを含めたスポーツに筋トレはいらないのでしょうか?

 

今回は、この辺りを考えてみようと思います。

 

 

結論、筋トレの必要性に関しては「目的やその人による」です。

 

筋トレって、身体の弱点を補うには最高なんですよね。

 

筋トレは、練習だけでは鍛えられない弱い筋肉や苦手なプレー克服につながります。

 

実際に、筋トレをすることでパフォーマンスが上がったアスリートはたくさんいます。

 

そして、そもそも筋肉に「使える」「使えない」もありません。

 

ウエイトで鍛えようが、スポーツで鍛えようが筋肉は筋肉です。

 

 

バスケとは離れますが野球のイチロー選手は、ほとんど自重トレーニングばかりでした。

 

「産まれた時の骨格にあった筋肉が、一番その人が動かしやすい状態」

 

という考えで、大きくした筋肉は実践だと上手く動かせないと言います。

 

サッカーの長友選手は、ただ強くするだけでなく、身体の柔らかさを重要視していました。

 

彼らは、筋出力に目を向けています。

 

筋出力とは、筋力を発揮する力のこと。

 

筋出力=筋肉の使い方に長けていれば、自在な動きができるようになります。

 

簡単に言えば、使える筋肉とはパワーを発揮できる筋肉のこと。

 

「パワー=筋力×スピード」で、そもそも基礎筋力がないとパワーは発揮できません。

 

なので、一概にもウエイトトレーニングを否定したりはできないのです。

 

だって、NBA選手はガッツリウエイトトレーニングしてますからね。

 

 

大切なのは、動作を意識して正しく筋トレを行うことです。

 

バスケが上手くなりたいなら、絶対にトレーニングは必要です。

 

このあたりは、僕のLINEやInstagramで発信する内容を学んでいけばOKです。

 

あなたのバスケ生活がトレーニングによって充実するための考えなど提供するので、

 

これからも僕の発信をチェックしておいてくださいね。

 

Copyright© COURT LIFE , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.