NBAの試合数ってどのくらい?シーズンの仕組みもわかりやすく解説

NBAの試合数は、具体的にどのくらいあるんだろう?仕組みなどもわかりやすく教えて欲しい。

 

こんな疑問に答えていきます。

こんな方におすすめ

  • NBAの試合の仕組みについて知りたい
  • NBAの試合数を知りたい

この記事ではバスケ歴12年の僕が、NBAの試合数にフォーカスを当てて記事を書きました。

 

NBAの試合システムについてわかりやすくまとめたので、NBAをより楽しめるようになります。

 

ぜひ参考にしてみてください。

 

参考記事:NBA - Wikipedia

 

NBAのチーム数と区分

NBAはご存知の通り、世界最高のバスケットボールリーグ。

 

全30チームのうち、29チームがアメリカ、1チームがカナダを本拠地として活動しています。

 

そんなNBAは、東西2つのカンファレンスに分かれます。

 

この投稿をInstagramで見る

 

@lobsterjimmyがシェアした投稿

 

さらに、カンファレンスごとに3つのディビジョン(各5チーム)に分かれます。

 

「イースタン・カンファレンス(東)

サウスイースト

アトランタ・ホークス、シャーロット・ホーネッツ、マイアミ・ヒート、オーランド・マジック、ワシントン・ウィザーズ

アトランティック

ボストン・セルティックス、ブルックリン・ネッツ、ニューヨーク・ニックス、フィラデルフィア・76ers、トロント・ラプターズ

セントラル

シカゴ・ブルズ、クリーブランド・キャバリアーズ、デトロイト・ピストンズ、インディアナ・ペイサーズ、ミルウォーキー・バックス

 

「ウェスタン・カンファレンス(西)」

サウスウェスト

ダラス・マーベリックス、ヒューストン・ロケッツ、メンフィス・グリズリーズ、ニューオーリンズ・ペリカンズ、サンアントニオ・スパーズ

ノースウェスト

デンバー・ナゲッツ、ミネソタ・ティンバーウルブズ、オクラホマシティ・サンダー、ポートランド・トレイルブレイザーズ、ユタ・ジャズ

パシフィック

ゴールデンステイト・ウォリアーズ、LA・クリッパーズ、ロサンゼルス・レイカーズ、フェニックス・サンズ、サクラメント・キングス

 

NBAの試合数と全体の流れ

まずNBAでは、大体10月から翌年4月まで、レギュラーシーズンが82試合が行われます。

 

そこから、各カンファレンスの上位8チームが、4月中旬頃からのプレーオフ(ポストシーズン)に出場。

プレーオフは、先に4勝した方の勝ち。(最大7戦)

 

プレーオフを勝ち抜いた、東と西の王者がNBAファイナルに進み、最終的にシーズンのチャンピオンを決定します。

NBAファイナルも先に4勝した方の勝ち。(最大7戦)

 

NBAの試合の流れ

レギュラーシーズン82試合

プレーオフ(4戦先勝方式)

NBAファイナル(4戦先勝方式)

NBAチャンピオン

 

わかりやすく例えるなら、

  • レギュラーシーズン「普通の試合」
  • プレーオフ「県大会」
  • NBAファイナル「決勝戦」

みたいなイメージですね。

 

NBAレギュラーシーズンの試合数【詳細】

NBAのレギュラーシーズンは、通常10月の最終週に開幕します。

 

レギュラーシーズンでは、各チーム全82試合のうち41試合をホーム、41試合をアウェイで戦います。

 

レギュラーシーズン81試合の詳細

  • 同ディビジョンの4チームと4対戦(ホーム2、アウェイ2):16試合。
  • 同カンファレンスで、他ディビジョンチームとの対戦は6チームと4試合(24試合)、残り4チームと3試合(12試合):36試合。
  • 異なるカンファレンスの15チームとは、2対戦(ホーム1、アウェイ1):30試合。

 

上位8チームに入らないと、その時点でプレーオフへの出場権がなくなるので、シーズンは結構重要です。

 

NBAプレイオフの試合数【詳細】

プレーオフは、レギュラーシーズンの各カンファレンス内の勝率上位8チームが、東西それぞれのカンファレンスで「4戦先勝方式」のトーナメントを行います。

 

1位vs8位、2位vs7位、3位vs6位、4位vs5位の組み合わせです。

 

第7戦まで勝負がもつれこんだ場合、対戦する2チームで勝率が高い方には、1試合多くホームゲームを戦える「ホームコートアドバンテージ」が与えられます。

 

(A:勝率が高いチーム B:勝率が低いチーム→AABBABAというホーム開催となる)

 

東西の各カンファレンス優勝チームが決まると、NBAファイナルでチャンピオンを決めます。

NBAファイナルも、レギュラーシーズンの勝率の高いチームが「ホームコートアドバンテージ」を獲得できます。

 

新型コロナウイルスの影響でNBAの試合数は変動

2019-2020シーズンは、オーランドに『バブル』と呼ばれる隔離エリアを作り、22チームでシーズン後半戦&プレーオフを行いました。

 

さらに、2020-21シーズンはレギュラーシーズンが72試合となり、「プレイオフ・プレイイン・トーナメント」と言う制度も導入されました。

 

プレイインはレギュラーシーズン終了後、各カンファレンスの勝率が7番目から10番目までのチームが参加します。

 

NBAの試合数【まとめ】

以上、NBAの試合数について解説してきました。

 

NBAは、プレイオフなども含めると、意外と試合数が多いことがわかったと思います。

 

NBAを詳しく知ると、観戦がさらに楽しくなるので、他の記事もぜひ読んでみてくださいね。

 

NBAで筋肉がやばい選手紹介|NBA選手のような体になるには?

続きを見る

【最新】NBA選手の平均身長まとめ|NBAは身長も規格外!?

続きを見る

【バスケ初心者必見】バッシュ選びに迷ったらこれを読め

続きを見る

 

-NBA, バスケットボール
-

Copyright© COURT LIFE , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.