バスケインナーのおすすめは?バスケに最適なシャツ&パンツを厳選

2021年2月20日

バスケ用のインナーを探しています。ユニフォームの下に着るインナーや下に履くスパッツでおすすめ商品があれば教えてください。

 

こんな疑問に答えていきます。

本記事はこんな方におすすめ

  • バスケ用インナーを探している
  • インナーの効果を知りたい
  • NBA選手のようなインナーを着用したい
  • 機能性のあるインナーが欲しい

この記事ではバスケ歴12年の僕が、バスケにおすすめのインナーについて紹介しています。

 

最後まで読むことで、あなたに合うインナーが見つかり、より快適にバスケができるようになります。

 

ぜひ参考にしてみてください。

 

バスケインナーの効果

まずは、バスケでインナーを着用することによって得られる効果について解説します。

 

効果は主に下記の通り。

①筋肉や関節の負担を軽減する

②汗を吸収してくれる

③防寒になる

 

①筋肉や関節の負担を軽減する

インナーを着用すると、筋肉や関節の負担を軽減してくれます。

 

なぜなら、インナーは身体に適度な圧をかけてくれるため、筋肉の無駄な動きをおさえる効果があるから。

 

ある意味サポーターのような効果があるので、疲労回復の促進や怪我の防止にもつながります。

 

②汗を吸収してくれる

吸汗速乾性のあるインナーを選んであげることで、快適にプレーすることができます。

 

特に暑い夏は、汗を大量にかいてシャツが気持ち悪くなったりするので、インナーは必須ですね。

 

③防寒になる

冬は防寒性のあるインナーを選んであげると、寒さから身体を守ることができます。

 

寒さで体が冷えると、身体が固まり怪我につながったりするので、袖の長いインナーを着るのが効果的。

 

バスケインナーの種類

バスケのインナーは、主に丈の長さで種類が異なります。

 

それぞれの特徴について画像と共に解説していきますね。

 

タンクトップタイプ

多くのバスケ選手が愛用。

ユニフォームの下に着るインナーとして一般的。

 

公式の試合でも着用が可能です。

 

半袖シャツタイプ

半袖タイプのインナー。

 

JBAの規則によれば、公式戦での着用はできないようですが、大会によっては着用できる場合があります。

 

長袖シャツタイプ

 寒い季節に最適な長袖タイプのインナー。

 

JBAの規則により、公式戦での着用はできません。

 

スパッツタイプ

 怪我の予防に効果のあるスパッツタイプのインナー。

 

JBAの規則では、公式戦での着用はできません。

 

7分丈タイプ

 NBAやBリーグでも多くの選手が着用しているタイプのインナー。

 

JBAの規則では、公式戦での着用はできません。

 

ショート丈タイプ

 パワータイツとも呼ばれるショートタイプのインナー。

 

太ももに適度な圧がかかるので、疲労を軽減する効果が期待できます。

 

ユニフォームからはみ出さない丈であれば、公式戦や大会でも着用できます。

 

バスケインナーの着用ルールはどうなってる?

公式試合で着るインナーに関してのルールを簡単にまとめると、下記の通り。

「シャツ」→ノースリーブのみ

「パンツ」→ショートタイプのみ(ユニフォームからはみ出さない丈)

 

BリーグやNBAなどは、ルールが異なるため丈の長いインナーも着用できたりします。

 

しかし、学生や一般の方でも、大会によっては公式で着れないインナーも着用できる場合があるため、確認してみましょう。

 

バスケインナーのおすすめ【ウェアー】

ここからは、バスケのおすすめインナーについて紹介していきます。

 

まずは、上に着るインナーについてそれぞれ解説します。

 

タンクトップタイプなら「コンバース」

タンクトップタイプなら、こちらのコンバースのインナーシャツがおすすめ。

 

Vネックになっているので、ユニフォームに合わせやすいのがポイント。

 

コンバースのインナーは、さらさらしていて汗もすぐ乾くので、僕は試合の時必ず着ていました。

 

値段も安いので、タンクトップなら僕はコンバースをおすすめします。

 

半袖シャツタイプなら「アンダーアーマー」

半袖タイプなら、こちらのアンダーアーマーのインナーがおすすめ。

 

特徴

  • 肌にピッタリと着用するタイプ
  • 伸長性に優れているので動きやすい
  • 肌触りが良い
  • 臭いを押さえてくれる

 

アンダーアーマーは着心地も良く、Amazonレビューなどでも高評価を得ています。

 

機能性の高いインナーを着て、快適にバスケがしたい人にはぴったりなインナーです。

 

長袖シャツタイプなら「アンダーアーマー」

長袖タイプなら、こちらのアンダーアーマーのインナーがおすすめ。

 

こちらのインナーは、「冬に大活躍してくれる」と評価が高いのが特徴。

  • 一枚でも暖かく重ね着の必要がない
  • 高い吸汗速乾性により汗冷えを防いでくれる
  • 身体にフィットして動きやすい

 

お値段は少ししますが、寒くてしんどい朝練を暖かく乗りきれるので、1枚持っておくと便利です。

 

バスケインナーのおすすめ【パンツ】

ここからは、バスパンやユニフォームの下にはくインナーパンツのおすすめについて紹介していきます。

 

スパッツタイプなら「アンダーアーマー」

スパッツタイプなら、こちらのアンダーアーマーのインナーがおすすめ。

 

特徴

  • フィット感があり動きやすい
  • 保温性がある
  • 汗を素早く吸収してくれる

 

他の製品と比べ履き心地や耐久性に優れており、利用者の評価が高いところもポイント。

 

アンダーアーマーのインナーは優秀なので、ぜひフィット感を体感してみてください。

 

7分丈タイプなら「マクダビッド」

7分丈タイプなら、こちらのマクダビットのインナーパンツがおすすめ。

 

特徴

  • 汗を素早く吸収してくれる
  • 筋肉のスタミナをキープする効果がある
  • 筋肉疲労を軽減してくれる

 

筋肉を適度に圧縮してくれるので、パフォーマンスUPや疲労の軽減ができる素晴らしい商品です。

 

7分丈はバスケの格好にもマッチしやすく、履くだけでもかっこよくなれるので、個人的にもおすすめ。

 

ショート丈タイプなら「アンダーアーマー」

ショート丈タイプなら、こちらのアンダーアーマーのスパッツがおすすめ。

 

特徴

  • 肌触りが良い
  • フィット性が高い
  • サポート力がある
  • 軽量で通気性が良い

 

ショート丈なので、公式試合のユニフォームの下でも安心して着用できます。

 

店頭で買うよりも、Amazonや楽天の方がお得なので、売り切れる前に購入しておきましょう。

 

バスケインナーのおすすめ【まとめ】

以上、バスケにおすすめのインナーについてのまとめ記事でした。

 

バスケは汗をかいたり激しい動きを伴うスポーツなので、インナーを着用することで快適なプレーを実現することができます。

 

今回紹介したインナーは、どれも機能性が高く心からおすすめできる物なので、ぜひ参考にしてみてください。

 

あなたにおすすめの記事

【NBA選手も着用?】バスケサポーターのおすすめはこれに限る!

続きを見る

アンダーアーマーのおすすめバッシュ厳選【理想の一足が見つかる】

続きを見る

 

-バスケグッズ, バスケットボール

Copyright© COURT LIFE , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.