学生

【大学生へ】家で絶対やっちゃダメな「だらだらした過ごし方4つ」

2020年4月15日

家で一人だらだらしている大学生のみなさん、いかがお過ごしでしょうか?

 

大学生なら、switchやPS4などでゲームを楽しんだり、Amazon primeなどで一日中映画を見たり、話題のアニメやYouTubeを見たりといったところでしょうか。

 

僕自身も、暇があればYouTubeを長時間見たりとだらだら過ごしますが、家で一人だらだら過ごすのってなんだかんだ最高ですよね。

 

大学生は休みも長く、時間を気にせず家でいつまでもだらだらできますから、一人でいる時間が好きな人にとってはまさに天国のような時間かと思います。

 

そんな天国のような時間でも、だらだら過ごすうえでは、実はやってはいけない過ごし方というのが存在します。

 

なので今回は、大学生が家でやっちゃダメなだらだらした過ごし方4つについて解説していこうと思います。

 

こんな方におすすめ

  • 大学生がやっちゃダメな過ごし方について知りたい

 

やっちゃダメな過ごし方について知れば、日々の過ごし方が変わり、大学生活がより充実したものになると思いますから、ぜひ最後まで読んでみてください。

 

大学生がやっちゃダメなだらだらした過ごし方4つ

やっちゃダメなだらだらした過ごし方は、以下の4つになります。

①ゲームのしすぎ

②SNSの見過ぎ

③YouTubeの見過ぎ

④いつまでも寝る

大学生なら結構やりがちな内容ですよね。

実際に、僕もこの4つはやりがちなので、今回の記事はできてない自分に向けての記事でもあります。笑

 

みなさんで一緒に解決していきましょう!!

 

①ゲームのしすぎ

 

ゲームはとてつもなく楽しいものですが、やりすぎは注意です。

なぜなら、ゲームのしすぎはゲーム障害という症状が起きる可能性があるからです。

ゲーム障害が起きると、前頭前野の働きが悪くなり、大脳辺縁系による「本能」「感情」に支配され、依存状態から抜け出すのが難しくなってしまいます。

ゲーム障害の患者さんの脳では、ゲームを見ると脳に異常な反応が見られます。これは、アルコール依存やギャンブル障害の患者さんでも確認できる同様の異常反応です。脳に異常な反応が起こると、「ゲームをしたい」「遊びたい」などの衝動的な欲求に襲われ、ますます依存状態から抜け出せなくなります。

やめられない怖い依存症!脳に異常が起きるゲーム障害の症状、治療法より引用

依存は本当に危険ですし、長時間のゲームは視力低下にもつながります。

 

対策①時間を決めよう

 

小学生の頃は、当たり前のように「ゲームは1日1時間」などのルールがあったと思いますが、自由となった大学生は平気で6時間とかゲームしちゃいますよね。

 

ですから、初心に帰って1日何時間ゲームをするのかという自分ルールを決めることをオススメします。

 

ルールを作る際は、無理のない範囲で時間を設定していきましょう。

例えば、今まで10時間ゲームをやっていた人が、いきなり「1日2時間!」というのは無茶があるので、毎日30分ずつゲーム時間を減らすというように、少しずつ習慣を変えていきましょう。

 

対策②環境を変えよう

 

ゲームをする環境を変えてしまうというのもオススメの方法です。

 

例えば、僕は自分の部屋にPS4を置くと無限にゲームをしちゃうので、PS4をリビングに置いています。

リビングに置くことで、家族がテレビを見る時に、必然的にゲームを辞めなければいけないので、やりすぎ防止になります。

 

こういったように、やりすぎを防止するためにゲーム環境を変えるのはオススメです。

 

②SNSの見すぎ

 

SNSも、見すぎるのは危険です。

僕個人的には、SNSによって自分を見失うところが怖いなと感じます。

 

特に、発信を積極的にしている人は、どうしても優れた人に目が行きがちで、自分と比較してしまいます。

その結果、劣等感などを抱き自分を見失うという流れです。

 

対策①SNSを見る時間を制限する

 

先ほどのゲームと同じく、SNSも見る時間を決めましょう。

 

iPhoneユーザーの方は、スクリーンタイムを設定するのがオススメです。

 

Androidユーザーの方は、Digital Wellbeingという機能を使うのがオススメです。

 

対策②本当に必要な情報だけ見るようにする

 

自分にとって価値のある情報は手に入れ、それ以外のつまらない情報は切り捨てるようにしましょう。

 

SNSがあなたを利用(支配)しているという状態から、あなたがSNSを利用するという状態になるよう意識することが大切です。

 

スマートフォンと自分はどう関わりたいのか、今一度考えてみましょう。

 

③YouTubeの見すぎ

 

あなたも実感があると思いますが、YouTubeって一度見始めると止まらなくないですか?

 

YouTubeは、自分が興味のあるジャンルに合わせて「関連動画」が次々に表示されますから、再生再生の無限ループにおちいりがちです。

 

僕は、高校生の時そうしたYouTubeの罠に見事に引っかかり、日本史のテストで見事に赤点をくらいました。

 

YouTubeは面白い動画が多くあり、とても素晴らしいコンテンツですが、その反面見すぎてしまう危険性があります。

 

対策①YouTubeを見る時間を制限する

ゲーム、SNSと同じく、YouTubeも時間制限を設けるようにしましょう。

 

iPhoneユーザーの方

 

Androidユーザーの方

 

対策②有益動画ならいくら見てもOKにする

 

対策というわけではないですが、有益な内容で人生において役に立つ動画ならいくら見てもOKだと僕は思います。

 

例えば、ベストセラー本の内容をとてもわかりやすく解説している芸人の中田敦彦さんのチャンネルはかなり有益です。

 

日常生活で役に立つ心理学を放送しているメンタリストDaigoさんのチャンネルもかなり興味深いです。僕は、隙間時間などがあればDaiGoさんの動画を結構見たりします。

 

後悔しない生き方やモチベーションが上がる動画なら、AKIOBLOGさんもオススメ。僕は、この方のお陰で筋トレを習慣化できました。

 

今のYouTubeは、ビシネスの方法や生き方、スポーツのノウハウなど、素晴らしい情報が無料ですぐに手に入ります。

知識というのは一生残り使えるモノですから、紹介したような有益な動画ならたくさん見るのは良いと思います。

 

④いつまでも寝る

 

大学生は休みが多いため、次の日の予定が無ければ9時間や10時間、もしくはそれ以上寝ることが結構あります。

僕自身も、朝起きるのが苦手なので、結構遅くまで寝ちゃいます。 (反省...)

 

ですが、この寝すぎるというのは、実は健康上かなり悪影響みたいです。

死亡率と睡眠時間の関係を調べてみると、最も死亡のリスクが低くなるのは7時間台。しかし、それより1時間多い8時間台になると死亡率は高まり、むしろ睡眠不足とされる5~6時間台よりもハイリスクとなります。さらに9時間以上ともなると、死亡率は飛躍的に高まります。

睡眠不足より、寝過ぎのほうが体に悪い!?より引用

寝すぎると死にやすくなるということで、寝すぎはかなり危険ですね。

 

対策①次の日の朝にやりたいことを決めておく

 

いつまでも寝てしまう原因として、次の日にやろうとしている予定が明確になっていないというのが1つ考えられます。

ですから、対策として朝一でやりたいことを決めておくという方法をオススメします。

 

例えば、僕はこのように朝やりたいことを決めると、結構起きれます。

・朝8時に近所のカフェに行って、優雅な時間を過ごす

・気になるアニメの続きを朝に見る

 

ポイントは、自分なりの楽しみを前日の夜に作っておくということです。

そうすれば、ワクワクして勝手に目を覚ますことができますよ。

 

対策②最強の目覚まし時計を使う

 

寝すぎてしまうのは、単純に朝起きるのが苦手で布団から出たくないというのも1つ原因として考えられます。

ですから、そんな方は光と大音量の最強目覚しinti4(インティ フォー)を使うことをオススメします。

 

inti4は、「めざましテレビ」や「スッキリ!!」といったテレビなどの多くのメディアでもかなり注目されていて、スッキリ起きられると話題になっています。

「光で起きる」という人間本来の目覚めを実現することができるため、睡眠の質や集中力の向上にもかなり効果的です。

 

約2万円と、価格は少し高めではありますが、全額返金保証もついているので、買って損はないかと思います。

気になった方は、ぜひ購入を検討してみてください。


まとめ【大学生はメリハリが超大事】

 

以上、大学生が家でやっちゃダメなだらだらした過ごし方4つについて紹介してきました。

最後にもう一度、今回の内容を簡単にまとめておきます。

①ゲームのしすぎ

②SNSの見過ぎ

③YouTubeの見過ぎ

④いつまでも寝る

 

自由にだらだら過ごすことも、大学生活の1つの醍醐味ですが、今回紹介したように何事も「〜のしすぎ」には注意が必要です。

僕も含め、だらだらしがちな大学生のみなさんは、日々の生活でメリハリを持つことを意識して、大学生活を充実したものにさせていきましょう!

 

 

-学生

Copyright© Full of Life , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.