世の中には何種類のトレーニングが存在しているのか?

今回は、「この世の中にはどんなトレーニングがあるのか?」紹介していきます。

 

一般的にトレーニングと聞くと、自重トレーニングやダンベルなどを使うトレーニングを浮かべますよね。

 

ですが、競技パフォーマンスを上げたり、目的によっては多くのトレーニングが存在しています。

 

世の中に存在しているトレーニングとは?

大きく6つに分けると下記の通りです。

  • レジスタンストレーニング(筋力強化)
  • パワートレーニング(瞬発力)
  • スピードトレーニング(敏捷性)
  • バランストレーニング(平衡性)
  • 全身持久性
  • 柔軟性

 

順番に解説します。

 

レジスタンストレーニング(筋力強化)

レジスタンスは英語で「Resistance/抵抗」を意味する。

筋肉に負荷をかけるトレーニング(筋トレ)のこと。

 

レジスタンストレーニングは、下記の種類があります。

 

自重トレーニング

自分の体重を負荷に用いたトレーニング。

器具を使わないため、手軽にできる。

 

フリーウエイトトレーニング

バーベル、ダンベルなどを使用して筋肉を鍛えるトレーニング。

 

ウエイトトレーニングはなぜスポーツで必要なのか?

続きを見る

 

マシントレーニング

マシンを利用するトレーニング。

動きの軌道が一定であるため、フォームの習得がしやすい。

特定の筋肉を重点的に鍛えられるため、安全性も高い。

 

チューブトレーニング

チューブ、あるいはラバーの伸縮を利用して行うトレーニング。

インナーマッスルのトレーニングや正確な動きづくりに有効で、安全性も高い。

 

スロートレーニング

筋力トレーニングで使う種目などをゆっくり行うトレーニング。

ゆっくりと動作している時に筋肉に刺激を与え続けられるので、1回の筋トレ効果が高い。

 

コアトレーニング

肩や股関節周辺のインナーマッスルを強化するトレーニング。

競技パフォーマンスの改善や向上、スポーツ障害の予防につながる。

 

パワートレーニング(瞬発力)

瞬間的に大きな力を発揮するためのトレーニング。

パワートレーニングには、下記の種類があります。

 

プライオメトリックトレーニング

筋肉の伸縮を効果的に使うためのトレーニング。

瞬間的に大きな負荷がかかるため、低い強度から少しずつ慣らしていくことが必要。

 

バリスティックトレーニング

短い時間で爆発的に筋力を発揮するトレーニング。

ウエイトトレーニングで身につけた筋力を、実践的かつ効率的に発揮できるようになる。

 

スピードトレーニング(敏捷性)

走る速さや動きの素早さを鍛えるトレーニング。

スピードトレーニングには、下記の種類があります。

 

スプリントトレーニング

全力疾走などのスピードを鍛えるトレーニング。

バイク等で引いてもらい全力疾走するスピードアシステッドトレーニング、タイヤ引きで負荷をかけるウエイトレジステッドトレーニングがある。

 

クイックネストレーニング

合図に対してできるだけ素早く反応するリアクショントレーニングやラダーなど、様々なトレーニングがある。

 

バランストレーニング(平衡性)

身体のバランス能力を高めるトレーニング。

 

スタビライゼーション

自重を負荷として様々なポーズをとりコントロールすることで、主動筋だけでなく拮抗筋や協働筋を合わせて鍛え、バランス能力を高める。

 

全身持久力

全身の持久性やスタミナを高めるトレーニング。

全身持久力のトレーニングとして、下記の種類があります。

 

インターバルトレーニング

「スピードを上げて走る」のと「ゆっくり走る」のを繰り返すトレーニング法

一定の速度で走るより、強い負荷が心肺にかかる。

 

サーキットトレーニング

7~10種類を一まとめにして、種目間の休息を取らずに行うトレーニング。

全身の筋群をバランスよく強化し、筋持久力、呼吸器などを鍛えることができる。

 

LSD

会話ができる程度のペースでのランニング。

長時間続けることができ、エネルギー消費が大きいので減量に有効

血圧が高い人は正常値に近づけることができると証明されている。

 

低酸素(高地)トレーニング

低酸素環境下でトレーニングを行うことで、酸素運搬能力を高めて持久力を向上させる。

30分歩くだけで2時間分の運動と同じ効果が得られるジムもある。

 

柔軟性

筋肉や関節の柔軟性を高めるトレーニング。

 

ストレッチ

カラダの筋肉をゆっくり引っ張ることで、関節の可動域を広げる。

筋肉の緊張を和らげ、血行を促進する効果もある。

 

PNFストレッチ

元は脳障害のリハビリのために開発されたもので、筋力強化とともに、柔軟性、神経伝達能力を高める。

 

まとめ

簡単ではありますが、トレーニングの種類についてまとめてみました。

 

競技パフォーマンスを高めるなら、強化したいところに応じて、トレーニングを使い分けることが大事になります。

 

今回まとめてみて、トレーナーはもちろん、選手にとっても「なぜそのトレーニングをやるのか?」理解することはやはり重要だと感じました。

 

さまざまなトレーニングについて、今後も深堀を続けていこうと思います。

 

参考:目的別6種トレを紹介!スポーツに合わせたトレーニングの種類の選び方!

 

-バスケトレーニング

Copyright© COURT LIFE , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.