バスケは痩せるスポーツ!その理由と引き締まった体をつくるコツ

2021年5月1日

バスケは痩せるスポーツなのでしょうか?筋肉がつきやすくなるって本当ですか?

 

こんな疑問に答えていきます。

本記事はこんな方におすすめ

  • バスケは痩せるスポーツなのか気になる
  • バスケの消費エネルギーを知りたい
  • バスケで引き締まった体を作るための食事を知りたい

 

この記事ではバスケ歴12年の僕が、バスケが痩せるスポーツである理由について解説しています。

 

結論、バスケは痩せるスポーツであり、食事やトレーニングと組み合わせれば、引き締まった体になります。

 

ぜひ本記事を参考にしてみてください。

 

【結論】バスケは痩せるスポーツ

痩せるという面で見れば、バスケは効果が高いです。

 

なぜなら、運動量が多く筋肉がつきやすいので、脂肪が落ちるから。

 

バスケは、筋力・瞬発力・体力・腕力などなど、多くの力を必要とします。

走ったり止まったりぶつかり合ったりと、有酸素運動と無酸素運動が繰り返されます。

 

このことから、バスケはハードでかなりきついスポーツと言えます。

ハードな分どんどん痩せていくのです。

 

僕が中学生のとき、バスケ部でぽっちゃりしていた部員が、確実に痩せているのが目に見えてわかった時は驚きました。

 

 

もしあなたが運動不足やなかなか引き締まらなくて悩んでいるなら、積極的にバスケをしましょう。

 

バスケは楽しくエネルギーを消費できる

バスケって、とにかく楽しいスポーツなんですよね。

 

シュートが入った時の爽快感、みんなで試合をした時の盛り上がりなど。

 

バスケというスポーツは、楽しく運動不足解消と肉体改造ができます。

 

試合なら、基本的にはサボれないので確実に痩せれます。筋トレとかだとサボっちゃうこともありますよね。

 

バスケは筋肉がついて基礎代謝が上がる

バスケをすると筋肉がつくので、基礎代謝が上がります。

 

基礎代謝というのは体温維持、心臓や呼吸など、人が生きていくために最低限必要なエネルギーのこと。 筋肉がつくと、この基礎代謝が上がります。すると、脂肪が燃焼しやすくなり、結果として痩せやすくなります。

 

瞬発系の筋肉が必要とされるバスケは、練習を重ねるうちに代謝がUPし、次第に引き締まった体になっていきます。

 

人によっては筋肉質になると言う人もいて、体重が増えたという悩みもあるそう。

ただ、筋肉は脂肪よりも重いので、バスケをやって体重が増えるというのはあり得ます。

 

関連記事

NBAで筋肉がやばい選手紹介|NBA選手のような体になるには?

続きを見る

 

バスケの消費エネルギー

30分シュート練習→120kcal

1時間練習→500kcal

1試合→600kcal(球技の中でもトップクラス)

参考:バスケットボールダイエットは消費カロリーをアップする!

あくまで目安ですが、バスケは上記のような消費カロリーが期待できます。

 

痩せたいなら、試合や対人の練習をこなすのが良さそうですね。

 

バスケで痩せるための食事

結論、食事で意識すべきポイントは下記の通り。

  • ジャンクフードやお菓子、油物を控える
  • 低脂質高タンパクなものをとる(肉、魚、卵、豆など)
  • 炭水化物は少量にする(取らなすぎはダメ)
  • 野菜⇒肉⇒米の順番で食べる
  • ビタミンをしっかりとる(サプリ等で補う)

 

全く栄養を取らないダイエットなどをすれば、短期的にみれば痩せます。

しかし、長期的には「リバウンド」という体重増加現象が起きるので、それは辞めましょう。

 

上記の項目を意識しつつ、バランスよく栄養素を取ることが重要です。

 

【バスケ】引き締まった体をつくる3つのコツ

さらに引き締まった細マッチョ体型を目指すなら、下記の項目も実践してみましょう。

①筋トレをする

②夜に炭水化物を取らない

③ストレッチをする

 

①筋トレをする

筋トレをすれば、確実に身体が痩せます。

 

筋力トレーニングとバスケ(有酸素運動)を組み合わせることが、良い体をつくるコツです。

 

「飲むだけで痩せる」などの広告がありますが、あれはほぼあり得ない話。

痩せるには運動が本質です。

 

もし家で楽に痩せてかっこいい身体が欲しいという方は、下記サービスがあなたにぴったりですよ。

家で簡単にモテボディーが手に入る!〇〇トレーニングが最強すぎる件

続きを見る

 

②夜に炭水化物を取らない

炭水化物は、私たちが日頃活動するためのエネルギーになる重要な栄養ですが、身体の中で余った炭水化物は脂肪として蓄積されます。

 

夜は基本的に活動量が少ないので、夜に炭水化物を多くとってしまうと、脂肪が増える可能性があります。

 

夜は米・麺・パンなどの炭水化物はできるだけ控え、寝る2〜3時間前までには食事を済ませておきましょう。

 

③ストレッチをする

バスケは、長時間走ったりジャンプ動作を何度も繰り返すので、太ももやふくらはぎに疲労が溜まりやすいスポーツです。

 

太ももは脂肪が多くついており、筋肉が外に張り出しやすいので、固まるとガッチリした見た目になってしまいます。

 

そのため、ストレッチで老廃物を流し、筋肉をほぐすのは身体にとって重要です。

 

下記でバスケに効果的なストレッチを紹介しているので、参考にどうぞ。

バスケの疲労を回復するストレッチを紹介します【バスケ部必見】

続きを見る

 

バスケしながらもっと楽に痩せる方法

「バスケは痩せるとわかったけど、自分は痩せづらいんだよな...」

「筋トレや食事管理は、正直だるいな」

運動してもなかなか痩せないこともあり、つらいですよね。

 

そんな方は、着ながら簡単に筋トレとダイエットをサポートする大人気商品「SIX-CHANGE」がおすすめ。


シックスチェンジ

運動中でも使用でき、 常に身体へ強い圧力を加え、どんな体型でも強力なフィット感を体感できます。

着用すれば、自信みなぎる理想的な体型を実現できます。

 

トレーニング中、仕事中、私服の下などに着るだけでOKなので非常に楽です。

逆三角形のシックスパックを目指しましょう。

 

超ハードな加圧力【シックスチェンジ】

 

【まとめ】バスケは痩せるスポーツである

以上、バスケは痩せるスポーツであるという理由や、引き締まった身体を作るポイントについての記事でした。

 

バスケは楽しく痩せることができる、まさに最高にスポーツです。

 

本気でダイエットしたい、痩せたい方は、今回の記事を参考にして理想の身体を作っていきましょう!

 

「バスケに必要なもの」も要チェック

バスケに必要なもの完全まとめ|個人の持ち物〜チーム用品まで

続きを見る

 

 

Instagramではバスケ知識をわかりやすく発信中!

当ブログ運営者をフォローする

-バスケットボール, バスケ知識
-

Copyright© COURT LIFE , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.