バスケットボール

【バスケ】知っておきたいシュートの名前紹介【全28種類】

バスケには色々な種類のシュートがありますが、知っておいたほうが良いシュートについて、シュートの名前や特徴を教えてほしい。

 

こんな疑問に答えていきます。

 

記事の内容

  • シュートと得点の関係
  • 知っておきたいシュート全28種類
  • 知ってると得するシュートに関連する単語
  • シュートのコツと練習法

 

この記事では、バスケのシュートの種類を覚えたい方に向けて、シュートの名前や特徴をまとめています。

 

最後まで読むことで、バスケにおけるシュートの種類と名前を知ることができ、よりバスケットボールに詳しくなることができます。

 

ぜひ参考にしてみてください。

 

【バスケ】シュートと得点の関係

まずは、バスケットボールにおけるシュートについて得点別に紹介していきます。

 

「どの位置からゴールを決めると、得点が何点入るのか」まずは基本をおさらいしましょう。

 

2ポイントシュート

2ポイントシュートは、スリーポイントラインよりも内側で得点するシュートのことです。

 

レイアップ・ミドルシュート・ダンクなどは、すべて2点となります。

 

3ポイントシュート

3ポイントシュートは、スリーポイントラインよりも外側で得点するシュートのことです。

 

フリースロー

フリースローは主に、

  • シュート時に相手からファウルを受けた場合
  • チームファウルが5回を上回った場合
  • テクニカルファウルがあった場合

これらに当てはまった時に与えられるシュートのことです。

 

それぞれ、

  • 2ポイントシュート時にファウルを受けた場合→2本
  • 3ポイントシュート時にファウルを受けた場合→3本

フリースローが与えられます。

 

得点は、1本決まると1点が入ります。

 

【バスケ】フリースローのコツと試合で決めるために意識するべきこと

バスケを頑張っているのですが、フリースローが苦手です。 上手くなるためのコツを教えてください。   こんな悩みを持っている方に向け、今回は「フリースローのコツと決めるために意識するべきこと」 ...

続きを見る

 

【バスケ】シュートの名前全28種類

ここからは、バスケットボールのシュートの名前について、知っておきたいシュート全28種類を紹介していきます。

 

シュートの種類に関しては、28種類以上は確実に存在していますが、今回は覚えておけば必ず役に立つシュートの名前を解説していきます。

 

バスケのシュートの名前【レイアップの種類】

まず初めに、レイアップ系のシュートの種類について紹介していきます。

  • レイアップ
  • バックレイアップ
  • オーバーハンドレイアップ
  • アンダーハンドレイアップ
  • ワンステップレイアップ
  • パワーレイアップ
  • ダブルクラッチ
  • フィンガーロール
  • スクープショット
  • フローターショット
  • ギャロップステップシュート
  • ユーロステップシュート

 

レイアップ

レイアップは、バスケにおいては最も基礎的なシュートの1つです。

 

「ランニングシュート」と呼ばれたりもします。

バスケのレイアップのコツと基本的な打ち方を解説【初心者必見】

バスケのレイアップが上手くできません。安定して入るようになるためのコツを教えてください。 こんな悩みを解決していきます。 こんな方におすすめ バスケ初心者 レイアップが上手くできない レイアップのコツ ...

続きを見る

 

バックレイアップ

バックレイアップは、レイアップシュートを応用した試合でも使うことの多いシュートです。

 

「レイバック・リバースレイアップ」と呼ばれたりもします。

 

オーバーハンドレイアップ

オーバーハンドレイアップは、手の平を自分の方に向けて打つレイアップのことです。

 

アンダーハンドレイアップ

アンダーハンドレイアップは、手の平を下に向けて打つ、一般的なレイアップのことです。

 

ワンステップレイアップ

ワンステップレイアップは、通常のレイアップと違い、1歩目でシュートを放ちます。

 

一歩目でシュートに行くことで、相手ディフェンスとのズレを生み出すことができます。

 

パワーレイアップ

パワーレイアップは、ディフェンスにぶつかりながら勢いよくゴールに攻めこむレイアップのことです。

 

相手ディフェンスからファウルをもらいたい場合にも、パワーレイアップを使うと有効でしょう。

 

ダブルクラッチ

ダブルクラッチは、空中でボールを回転させて、相手をかわすレイアップのことです。

 

NBAではマイケルジョーダンなど、ジャンプ力の高いプレイヤーが得意とするシュートでもあります。

 

フィンガーロール

フィンガーロールとは、指を使ってボールに回転をかけるシュートのことです。

 

ボールがリングに吸い込まれるようなシュートなのが特徴で、「ジェリーレイアップ」とも言われたりします。

 

スクープショット

スクープシュートは、下からボールをすくいあげてボールを浮かすシュートのことです。

 

身長の高いセンターをかわす時に有効なシュートで、「ハイレイアップ」とも言われます。

 

フローターショット

フローターシュートは、普通のシュートのように上からスナップをきかせて打つシュートのことです。

 

スクープシュート同様、ビックマンをかわすのに有効で、「ティアドロップ・プッシュシュート」とも言われます。

 

ギャロップステップシュート

ギャロップステップシュートとは、ボールを持った1歩目の足でステップを踏んだ後、両足でジャンプして打つシュートのことです。

 

ギャロップはトラベリングになりやすいので、2歩目の着地は両足でしっかり止まるのがポイントです。

 

ユーロステップシュート

ユーロステップとは、ディフェンスを横切るように2ステップでジグザグに動くシュートのことです。

 

NBAでは、「マヌ・ジノビリ」選手が得意としているシュートで、“ジノビリ・ステップ”とも呼ばれています。

 

バスケのシュートの名前【セットシュートの種類】

続いては、セットシュート系のシュートの種類について紹介していきます。

  • ジャンプシュート
  • ジャンピングシュート
  • ミートシュート
  • ドリブルジャンプシュート
  • ワンドリブルジャンプシュート
  • フェイダウェイシュート
  • ステップバックシュート
  • ターンアラウンドショット
  • バンクシュート
  • フックシュート
  • スカイフック
  • ベビーフック

 

ジャンプシュート

ジャンプシュートとは、ジャンプ動作をしながらセットするシュートのことです。

 

ジャンプシュートはディフェンスにとって守りずらいシュートなので、身につけることで大きな武器にすることができます。

 

【バスケ】ジャンプシュートのコツと上達の近道を徹底的に解説

バスケのジャンプシュートがうまくできない...   バスケットボールに取り組んでいる人なら、ジャンプシュートの難しさに一度は直面するのではないでしょうか?   僕自身も、中学時代ジ ...

続きを見る

 

ジャンピングシュート

ジャンピングシュートとは、ジャンプと同時にリリースを始めるシュートのことです。

 

ボールのリリースまでが早く、飛距離が出やすいのが特徴です。

 

ミートシュート

ミートシュートとは、パスをもらったと同時に、そのままシュートモーションに入って打つシュートのことです。

 

「キャッチアンドシュート」という呼ばれ方もします。

 

ドリブルジャンプシュート

ドリブルジャンプシュートは、名前の通りドリブルをついた状態からジャンプシュートを打つ動きのことです。

 

「プルアップジャンパー・ストップ&ジャンプシュート・ドリブルオフジャンプシュート」とも呼ばれます。

 

ワンドリブルジャンプシュート

ワンドリブルジャンプシュートとは、ドリブルを1度ついてから打つジャンプシュートのことです。

 

ドリブルを1度つくことで生まれる相手とのスペースから、スムーズにジャンプシュートを打てるようになるとGOODです。

 

フェイダウェイシュート

フェイダウェイシュートとは、通常のシュートよりも後方に飛びながら打つシュートのことです。

 

NBAでは、マイケルジョーダンやコービーブライアントが得意としており、身につけることで驚異的な武器となります。

 

【バスケ】フェイダウェイのコツと練習法【フェイダウェイは簡単です】

バスケのフェイダウェイシュートを身に付けたいのですが、上手くやるコツはありますか?   こんな疑問に答えていきます。 この記事はこんな方におすすめ バスケのフェイダウェイができるようになりた ...

続きを見る

 

ステップバックシュート

ステップバックシュートとは、ドリブルムーブから足を後方にステップして打つシュートのことです。

 

NBAでは、「ジェームズ・ハーデン」が得意としており、相手とのスペースを生み出すことができる有効なシュートです。

 

ターンアラウンドシュート

ターンアラウンドシュートとは、ディフェンスを背にしてから打つシュートのことです。

 

ジャンプシュートやフェイダウェイとも組み合わされることが多く、センターがポストプレーする際にも必須のスキルです。

 

バンクシュート

バンクシュートとは、バックボードを使って打つシュートのことです。

 

NBAでは「ティム・ダンカン」が得意としているシュートで、ゴール下やミドル付近で使われるシュートです。

 

フックシュート

フックシュートとは、ゴールに対して横向きになって打つシュートのことです。

 

主にゴール下付近で使われるシュートで、ブロックを回避するために有効なシュートです。

 

スカイフック

スカイフックとは、ゴールよりも高い位置から放つフックシュートのことです。

 

NBAのレジェンド選手「カリーム・アブドゥル・ジャバー」の必殺技で、218cmから繰り出されるゴールより高いシュートはブロックが不可能です。

 

※ゴールより高い位置のシュートをブロックすると、「ゴールテンディング」という反則になるためブロック不可能。

 

ベビーフック

ベビーフックとは、肘を曲げて指先のスナップで放つモーションが小さいシュートのことです。

 

NBAでは、「マジック・ジョンソン」が得意としており、スカイフックを操るカリームからフックシュートを学び武器としたそうです。

 

バスケのシュートの名前【ダンクの種類】

続いては、ダンクシュート系のシュートの種類について紹介していきます。

  • ダンクシュート
  • アリウープ
  • プットバック
  • レーンアップ

 

ダンクシュート

ダンクシュートは、高くジャンプして真上からゴールにボールをたたき込むシュートのことです。

 

「スラムダンク」とも言われ、シュートの中でも極めてカッコイイ技の1つです。

 

アリウープ

アリウープとは、空中でパスをキャッチし、そのままダンクシュートを決めるシュートです。

 

高い跳躍力が必要とされるダンクで、試合中にアリウープが成功するとかなり盛り上がります。

 

プットバック

プットバックとは、シュートが外れリバウンドとなったボールをダンクシュートで決めることです。

 

似たようなシチュエーションに「ティップイン」というシュートもあり、こちらは外れたシュートを指で弾いてシュートを決めます。

 

レーンアップ

レーンアップは、フリースローラインからジャンプしてダンクを決めるシュートです。

 

レーンアップは、マイケルジョーダンがダンクコンテストで決めたことで、知られるようになりました。

 

【バスケ】シュートでよく使われる単語

シュートの種類について紹介したところで、ここからはシュートに関連したバスケ用語について解説していきます。

  • スウィッシュ
  • エアボール
  • ブザービーター
  • フィールドゴール(FG)
  • フォロースルー
  • イージーショット
  • タフショット
  • ポンプフェイク
  • ゴールテンディング
  • バスケットカウントワンスロー
  • 1モーション
  • 2モーション

 

スウィッシュ

スウィッシュとは、ボールがリングに当たらずに入るシュートのことです。

 

スウィッシュは、ボールが「スパッ」とゴールに通過するので、プレイヤーにとっては決まるとかなり気持ちいいシュートです。

 

エアボール

エアボールは、シュートしたボールがリングやバックボードに当たらないシュートのことです。

 

試合で緊張する場面や、シュート時に力が上手く伝わらない時などに、エアボールになることがあります。

 

ブザービーター

ブザービーターとは、クウォーターや試合終了のブザーと同時にシュートが決まることです。

 

バスケットボールでは、ブザービーターが決勝点となる試合もあり、そうした試合は熱狂に包まれます。

 

フィールドゴール(FG)

フィールドゴール(FG)とは、フリースロー以外に放たれる試合中のシュートのことです。

 

そして、このFGの成功率は、「フィールドゴールパーセンテージ(FG)」と表されます。

 

フォロースルー

フォロースルーとは、シュートを打った後に、リリースした手をリングに向けたまま残しておくことです。

 

シュートをするときは、フォロースルーを残すことで、シュートの精度向上につながるとされています。

 

イージーショット

イージーショットとは、ゴール下からのシュートやレイアップなど、簡単に決めることができるシュートのことです。

 

タフショット

タフショットとは、ディフェンスに厳しく守られていたり、体制が崩れている時に放つ難しいシュートのことです。

 

ポンプフェイク

ポンプフェイクとは、ゴール下で体を上下に動かすシュートフェイクのことです。

 

ゴール下で上手く使えば、相手からフリースローをもらえるチャンスもあります。

 

ゴールテンディング

ゴールテンディングとは、シュートされたボールが最高到達点から落ち始めた後、リングより高い位置にあるボールを触ってしまうとおきる反則です。

 

NBAの試合などで起きることが多く、ディフェンスが触れると得点がカウントされ、オフェンスが触れると相手ボールとなります。

 

バスケットカウントワンスロー

バスケットカウントワンスローとは、シュート体勢時にファウルを受けた際、そのシュートが決まることで1本のフリースローが与えられることです。

 

2ポイントシュートでは3点、3ポイントシュートでは4点取れるチャンスが与えられることから、「3ポイントプレー・4ポイントプレー」とも呼ばれます。

 

日本では略して「バスカン」、海外では(and one shot)を与えられるということから「アンドワン」と呼ばれています。

 

1モーション

1モーションとは、ボールをディップ(シュートする前にボールを下げる動作)してからリリースするまで、動きを止めずに打つシュートのことです。

 

1モーションは飛距離が出やすく、力もあまり必要としない打ちやすいシュートが特徴です。

 

2モーション

2モーションとは、ボールをディップしたら、一度頭上で構えてからリリースするシュートのことです。

 

1モーションに比べ難しいシュートですが、できるようになると安定して打てるのが特徴です。

 

バスケのシュートが上手くなるコツと練習

シュートが上手くなるコツに関しては、まずはレイアップやジャンプシュートなどの基礎を完璧にすることが上手くなる近道です。

 

なぜなら、バスケットボールの試合では、そうした基礎的なシュートを使うことが多く、さらに基礎ができていないと応用もできないからです。

 

NBAではスーパープレーが目立つため、地味なシュートが少ないように感じますが、実際は、ジャンプシュートやゴール下からのシュートなどのプレーが得点の大半です。

 

また、シュートが上手い選手は基礎が完璧だからこそ、ダブルクラッチやフェイダフェイなどの難しいプレーも可能にしています。

 

なので、バスケのシュートのコツや練習法に関しては、まずは下記の基礎的なシュートの記事を参考にしてみてください。

バスケのレイアップのコツと基本的な打ち方を解説【初心者必見】

バスケのレイアップが上手くできません。安定して入るようになるためのコツを教えてください。 こんな悩みを解決していきます。 こんな方におすすめ バスケ初心者 レイアップが上手くできない レイアップのコツ ...

続きを見る

【バスケ】3ポイントシュートのコツと効果的なトレーニング方法

現代のバスケットボールにおいて、どのプレイヤーにも求められているシュートである「3ポイント」。   実際にNBAでも、センターのプレイヤーが3ポイントを打つのは当たり前のようになっていて、3 ...

続きを見る

【バスケ】ジャンプシュートのコツと上達の近道を徹底的に解説

バスケのジャンプシュートがうまくできない...   バスケットボールに取り組んでいる人なら、ジャンプシュートの難しさに一度は直面するのではないでしょうか?   僕自身も、中学時代ジ ...

続きを見る

 

【まとめ】バスケのシュートの名前は覚えておこう

以上、バスケのシュートに関する名前や用語について紹介してきました。

 

バスケは、シュートの用語を覚えておくだけでも、バスケの見方が楽しくなっていきます。

 

シュート用語に関しては、今回紹介した用語を最低限覚えておけば便利なので、困った時はまたこの記事を参考にしてみてくださいね。

 

あなたにオススメの記事

【バスケ】シュートの飛距離を伸ばすコツやトレーニング完全版

シュートの飛距離を伸ばすコツや、鍛えるべき筋肉について教えてほしい。   こんな疑問に答えていきます。   記事の内容 シュートの飛距離が伸びない原因 シュートの飛距離を伸ばす身体 ...

続きを見る

 

最後まで見ていただきありがとうございました。

-バスケットボール

Copyright© Full of Life , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.