バスケットボール

【バスケ】シュートの飛距離を伸ばすコツやトレーニング完全版

シュートの飛距離を伸ばすコツや、鍛えるべき筋肉について教えてほしい。

 

こんな疑問に答えていきます。

 

記事の内容

  • シュートの飛距離が伸びない原因
  • シュートの飛距離を伸ばす身体の使い方
  • シュートの飛距離を伸ばす練習方法
  • シュートの飛距離を伸ばす筋トレ

 

この記事では、バスケ歴12年・ポジション「シューター」だった僕が、バスケのシュートの飛距離を伸ばす方法について紹介しています。

 

最後まで読むことで、シュートの飛距離を伸ばす方法を知ることができ、3Pシュートなどが楽に打てるようになります。

 

ぜひ参考にしてみてください。

 

【結論】バスケでシュートの飛距離を伸ばすには“力の伝え方”が重要

結論から言うと、シュートの飛距離を伸ばす上で大事になるのは、ボールに加える「力の伝え方」です。

 

なぜなら、ボールに加える「力の伝え方」を正しくすることで、シュートの飛距離が伸びるようになるからです。

 

実際、筋力がなかったり身長が小さい人でも、3Pシュートが余裕で届く人っていますよね。

実はこれ、シュートを放つときに、ボールに対して上手く力を伝えられてるからなんです。

 

なので今回の記事では、ボールに上手く力を伝えられるようになる体の使い方や練習法を中心に、飛距離を伸ばす方法を解説します。

 

もちろん、筋肉がついていればシュートも飛ぶようになりますので、僕が実際にやって効果のあった筋トレも紹介していきます。

 

【バスケ】シュートの飛距離が伸びない原因

 

この記事を読んでくれている方は、シュートの飛距離が伸びずに悩んでいる方だと思います。

 

なので、まずはそれをひも解くために、シュートの飛距離が伸びない原因を2つ紹介していきます。

原因①腕の力でシュートをしている

原因②体の使い方が下手

「早くコツを知りたい!」という方は、シュートの飛距離を伸ばす身体の使い方まで飛ばしてもらっても結構です。

 

原因①腕の力でシュートをしている

これはバスケ初心者さんによくありがちなのですが、腕の力だけでシュートをしても飛距離を伸ばすことはできません。

 

なぜなら、バスケのシュートは体全体、特に下半身を使うことが最も重要になるからです。

 

実際に、上手い選手を見ればわかりますが、シュートを打つときには膝をしっかり曲げて下半身でためた力を上半身へ上手く伝えています。

 

※筋肉があり、腕のパワーがかなり強い選手の場合は、腕の力だけでも届きます。

ただ、下半身を使わないとコントロールが乱れるので、シュート確率が落ちます。

 

「腕の力だけを頼りにシュートをしていた」という方は、シュートは下半身を使うことが大事になるというのを知っておきましょう。

 

原因②体の使い方が上手くできていない

シュートをする時の体の使い方が上手くできていないというのも、シュートの飛距離が伸びない原因になります。

 

「体の使い方が上手くできていない」=「シュートフォームが正しくない」とも言えますが、正直シュートフォームに正解はありません。

 

ですが、あまりにもフォームが崩れている状態だと、シュートの飛距離が伸びない原因になります。

なので、最低限正しいシュートフォームというのは身につけておきましょう。

関連記事

NBAでシュートフォームが綺麗な選手まとめ【現代〜歴代まで紹介】

NBA選手の中でシュートフォームが綺麗なのは誰だろう?参考になる選手や綺麗だと思う選手について教えてほしい。 こんな疑問に答えていきます。   記事の内容 現代&歴代NBAのシュートフォーム ...

続きを見る

 

【バスケ】シュートの飛距離を伸ばす身体の使い方

ここからは、いよいよシュートの飛距離を伸ばすコツについて解説していきます。

 

シュートの飛距離を伸ばすコツは身体の使い方にあるので、それらを中心に4つコツを見ていきましょう。

①身体をスムーズに連動させる

②姿勢を整える

③膝をしっかり使う

④1モーションでシュートを打つ

 

①身体をスムーズに連動させる

まず、シュートの飛距離を伸ばす上で最も大事になるのは、姿勢を整えて身体をスムーズに連動させることです。

シュートの飛距離を伸ばすコツは、身体を上手く連動させること。

膝を曲げる→ボールを頭上に上げる→手首でショットを放つ

こうしたシュートの一連の流れをスムーズに行うことが重要。

スムーズに打てるようになるには、とにかくシュート練習をして自分の感覚をつかむこと。

 

上記のツイートの通りで、まずはバスケにおけるシュートの一連の動きを、スムーズにできるようにすることが重要です。

 

「シュートを打つまでの動作がぎこちない」と感じている方は、上手い選手のようにスムーズにシュートができるよう練習をこなしていきましょう。

 

②姿勢を整えてボールにエネルギーを出す

シュートの飛距離を伸ばすには、シュート時の姿勢を整えることもかなり重要です。

 

姿勢に関しては、こちらの早朝シューチング部の動画に出演している「まことさん(まこっちゃん)」の極意がかなり参考になります。

まことさんは、カリー顔負けの超ロングシュートを軽々と決めることができるすごい方なのですが、こちらの動画ではそのコツを紹介しています。

 

特に、4:42秒からの内容がかなり有益なので、まことさんが教えていたシュートのコツについて下記にまとめてみました。

結局、シュートはボールにエネルギーをどれだけ出せるか。

エネルギーを体の中に入ってるだけの状態にするのではなく、外に出す。これをシュートでやる。

姿勢の作り方は、まずボールをキャッチして一旦下げる動作(ディップ)をして、前後左右に揺らしても体がブレない状態を作る。

手で押されたときに姿勢がぐらついている状態だと、体のエネルギーバランスがくずれている。

そうなると、シュートした時も、バランスが崩れたままシュートすることになるので、ボールにエネルギーが伝わらなくなる。

自分がブレない状態を作りシュートを打つと、軽く打てるようになる。

よく、つま先を向けろとか言われたりするが、あれは人による。

 

結局、大事なのは自分がボールにエネルギーを最大限出せる姿勢を作ることです。

 

ためになる動画なので、ぜひ見ることをオススメします。

 

②膝をしっかり使う

シュートの飛距離を伸ばすなら、膝をしっかりと使う意識は必ず持つようにしましょう。

 

シュートの飛距離が伸びない原因でもお伝えしましたが、腕の力だけでシュートを打とうとするのは大きな間違いです。

 

シュートを打つときには膝をしっかり曲げて、下半身でためた力を上半身へ上手く伝えることがポイントになります。

 

③1モーションでシュートを打つ

シュートの飛距離を伸ばしたいなら、シュートは1モーションで打つようにしましょう。

こちらの動画を見ればわかると思いますが、バスケのシュートは主に2つのモーションがあります。

1モーション:ボールをディップしてからリリースするまで、動きを止めずに打つシュート

2モーション:ボールをディップしたら、一度頭上で構えてからリリースするシュート

 

2モーションは、ジャンプシュートと同じ打ち方になるので、筋力やボディーバランスが必要とされるので難易度が高めです。

 

一方で、1モーションはリリースまで動きを止めずにそのまま打つことができるので、ボールに力が伝えやすいです。

 

なので飛距離を伸ばしたいなら、動画に出てきたカリーやハーデンのように、1モーションでシュートをするようにしましょう。

 

【バスケ】シュートの飛距離を伸ばす練習方法

シュートの飛距離を伸ばす練習方法として効果的なのは、シュートを打つ範囲をどんどん広げていくという練習方法です。

 

やり方

①まずは、ゴール下付近からシュートを打つ

②2〜3本決めたら、1m後ろに下がってシュートを打つ

③1m下がった位置から2〜3本決めたら、さらに1m後ろに下がる

④後は②と③を繰り返す

 

こうしたように、シュートを打つ場所を1mずつ遠くしていく練習を取り入れていくことで、飛距離が伸びるようになっていきます。

 

シュートというのはどれだけ数をこなしたかが重要なので、自分の感覚をつかむまでとにかくシュート練習をしましょう。

とはいえ、ただやみくもにシュートをたくさん打てば良いというわけではありません。

 

何も考えずに練習したところで上達は見込めないので、練習をするときは今回紹介してきた4つのコツを意識してみてくださいね。

 

【バスケ】シュートの飛距離を伸ばすのに必要な筋肉

飛距離を伸ばして、軽々シュートを打てるようになりたい方は、筋トレをしましょう。

 

僕自身も、筋トレをするようになってから飛距離が伸びるようになったので、やはり筋トレでパワーをつけるのは大事です。

 

ということで、必要な筋肉は下記の通り。

シュートの飛距離を伸ばしたいなら鍛えておきたい筋肉

・上腕三頭筋(二の腕)

・三角筋(肩)

・大腿四頭筋(太もも前)

・ハムストリング(太もも裏)

 

シュートの飛距離を伸ばすなら鍛えておきたいのが、上記4つの筋肉と手首です。

 

筋トレの方法については、下の記事を読むことでバスケが上達する筋トレがわかるので、参考にしてみてください。

【バスケ】家でできる筋トレメニュー完全版!効果がある筋トレを厳選

最近バスケを頑張っています。より上手くなるために筋トレをしようと思っているので、バスケに効果的な筋トレメニューについて教えてください。   こんな疑問を解決していきます。 この記事はこんな方 ...

続きを見る

バスケが上手くなるウエイトトレーニングまとめ【体を強くする】

バスケに効果的なウエイトトレーニングはなんだろう? トレーニングメニューや得られる効果について教えて欲しい。   こんな疑問に答えていきます。   記事の内容 ウエイトトレーニング ...

続きを見る

 

【まとめ】バスケのシュートの飛距離を伸ばすには練習あるのみ

以上、バスケのシュートの飛距離を伸ばす方法について解説してきました。

 

最後にもう一度、今回の要点をまとめます。

 

シュートの飛距離を伸ばすコツ

①身体をスムーズに連動させる

②姿勢を整える

③膝をしっかり使う

④1モーションでシュートを打つ

シュートの飛距離を伸ばすのに大事な筋肉

・上腕三頭筋(二の腕)

・三角筋(肩)

・大腿四頭筋(太もも前)

・ハムストリング(太もも裏)

 

今回紹介した内容を実践して練習をこなしていけば、シュートの飛距離は必ず伸びるようになります。

今回の記事を参考に、バスケが上手くなれるよう頑張ってくださいね!

 

オススメ記事

【バスケ】3ポイントシュートのコツと効果的なトレーニング方法

現代のバスケットボールにおいて、どのプレイヤーにも求められているシュートである「3ポイント」。   実際にNBAでも、センターのプレイヤーが3ポイントを打つのは当たり前のようになっていて、3 ...

続きを見る

 

最後まで見ていただきありがとうございました。

-バスケットボール

Copyright© Full of Life , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.